節約術

絶対やったほうがいい節約術「ふるさと納税」

サラリーマンでもできる簡単でものすごくお得な節約術。

それが「ふるさと納税」です。

ものすごくお得な制度ですが、意外とやっていない人も多いです。簡単なのでぜひやってみて下さい。

ふるさと納税とは

自治体(都道府県・市町村)に寄附をする制度です。ただし、寄附した分が所得税や住民税から引かれるため、実質2000円で寄附できます。(控除になる寄附金の上限はあります)

そして、自治体によって肉や果物など様々な寄附の返礼品がもらえます。

正確にはこちら

ふるさと納税とは – ふるさとチョイス

たった2000円の負担で、いろいろな食べ物やサービスが手に入るものすごくお得な制度です。

ただし、税金の控除が受けられる寄附金には上限があり、収入によって変わります。ふるさと納税サイトで計算できるので、まずは自分がいくらまで寄附できるのか計算してみて下さい。

どうやってやればいいか

ふるさと納税はふるさと納税サイトから簡単にできます。おすすめは以下のサイト。

ふるさとチョイス

掲載品数No.1のサイトというだけあって、返礼品の種類が豊富かつ見やすい。寄附金の支払いもYahoo!公金支払いで簡単にできます。

ふるさとチョイスHP

楽天ふるさと納税

楽天で買い物するのと同じように寄附できて、しかも楽天ポイントも貯まります。楽天カードを持っていればさらにポイント還元率が高くなるので、かなりお得です。

楽天ふるさと納税HP

ふるさと納税サイトは好きなところでいいと思いますが、支払いはクレジットカードが一番おすすめです。クレジットカードのポイントも貰えるのでいいことばかりです。

何を頼むか

ふるさと納税の返礼品は色々ありすぎて選ぶのが大変だと思うかもしれません。私がお得だと思う選び方は、

1 「お米」

保存もきくし、絶対使うからまず第一にお米。切らさないように無くなりそうになる度に頼みます。

2 「季節の果物」

夏は桃、秋はブドウとか、果物は結構高いのでふるさと納税で貰っています。

3 「肉・うなぎ」

ごく稀に贅沢します。自分で買うには勇気がいるものもふるさと納税だと頼みやすいです。

4 「贈り物」

年末に寄付枠が余ったら実家に果物などを送っています。なるべく使い切ります。

 

毎年、上記のように頼んでいます。これだけで年間の食に対する満足度が格段に上がります。

特にお米はあの重い物を持って帰る労力が省けるだけでも利用する価値は十分にあります。

最後に

ふるさと納税はややこしいと思ってやらない人も多いですが、絶対やったほうがいいです。これは断言できます。

確かに上限金額の計算などめんどくさいとこもあるのですが、分からなければまずは一万円だけ寄附してみてはどうでしょうか。実際やってみたら驚くほど簡単です。