カード

LINE PayとKyash比較

先日ようやくKyashのカードが届いたので、実際に使って感じたLINEPayとKyashの違いについて書きたいと思います。

注意

以下は2018年7月現在での内容です。また、内容に誤りがある可能性もあります。
サービスが日々刷新されていますので、利用の際はご自分でしっかり確認されることをお勧めします。

 

LINE Payの特徴

LINE Payとは – LINE Pay

LINE Payの良いところ

利用上限なし

利用額に上限がありません。ポイントは月10万円までしかつきませんが、その制限も2018年8月から撤廃されるようです。

※チャージ残高には上限があります。

マイカラーがグリーンならポイント還元率2%

LINE Payのポイント還元率はマイカラーというランクによって変わります。ランクの一番高いグリーンの場合、ポイント還元率2%となります。

QR決済ならさらにポイント還元率アップ

期間限定ですが、QRコード決済ならさらにポイント還元率が3%アップするということです。マイカラーがグリーンならポイント還元率5%と非常におトクな制度です。

LINE Pay、QRコード決済で最大5%還元 「上限10万円」撤廃 – ITmedia NEWS

LINE Payの残念なところ

マイカラーの決定条件が不明

マイカラーがどのランクになるかは、LINE Payサービスの前月の利用実績から決定されるようです。これは相対的に算出されるため、確かな指標というのがありません。

登録できない銀行がある

LINE Payは銀行からのオートチャージにできるのですが、登録できない銀行があります。ちなみに住信SBIネット銀行は利用できませんでした。

Kyashの特徴

Kyash 公式HP

Kyashの良いところ

クレジットカードから引き落とし

Kyashをクレジットカードに紐づけることで、Kyashでの支払いが自動でクレジットカードから引き落とされます。これだと、クレジットカードのポイントも貯めることができるのでポイントの二重取りができます。

条件なしで還元率2%

現時点ではポイント還元率が2%です。LINE Payのようなランクもないため、条件によってはKyashの方がポイントが貯まりやすいかもしれません。

Kyashの残念なところ

利用限度額が小さい

1回あたりの購入限度額が3万円以下、1ヶ月間での決済利用上限は12万円まで

と、利用限度額が小さいため、メインのカードとするには心許ないです。

また、有効期限(5年)内の利用上限が100万円で、それを超えるとカードの更新が必要というのも面倒なところです。

ご利用限度について – Kyash

最後に

LINE PayもKyashも他のクレジットカードと比較してもポイント還元率が高く、かなりおトクであることは間違いありません。

それぞれメリットとデメリットがあるため、用途や使用金額等を考えて、合う方のカードを利用することをおすすめします。

注意

以上は2018年7月現在での内容です。また、内容に誤りがある可能性もあります。

サービスが日々刷新されていますので、利用の際はご自分でしっかり確認されることをお勧めします。