お金ハック

お金ハック(初級編その1)

お金を賢く使うための方法 初級編その1

家計にゆとりを持たせるには、支出を減らすことが大切とは言え、節約は苦しく限界があります。

ということで、少しの工夫でお金を賢く使う方法について初級編です。

クレジットカードで支払う

工夫というほどのことでは無いですが、日々の支払いは可能な限りクレジットカードにしましょう。今はコンビニやスーパーなどでも使えますし、チェーン店ならたいがいは対応しています。

節約になる理由は2つ

ポイントが貯まる

ポイントはクレジットカードによって多いものも無いものもいろいろですが、多いものでは2%近く貯まるものもあります。

毎月5万円をカードで支払ったとすると、毎月1000円分のポイントがもらえる計算です。毎月1000円なら、年間1万2000円、長い目でみれば小さくない金額になります。

ポイント還元率についてはいろいろなクレジットカードがあって長くなるので、ここでは割愛します。とりあえずはいま持っているカードを使ってクレジット払いの習慣を身に付けることから始めてみてはどうでしょうか。

ATMの引き出し手数料が掛からない

ATMの引き出し手数料もバカにできないです。

普段は銀行のATMで下ろしているから手数料掛からないという人でもいざという時に限って手元に現金がなくて、コンビニATMで下ろして手数料を払ってしまったという人は少なくないはずです。

日々の支払いをクレジットカードでにすれば、驚くほど現金を下ろす回数が減ります。

自分のお金を取り出すのに並んで手数料を払うなんて、時間もお金ももったいないのでクレジットカードの使用をおすすめします。

ふるさと納税をやってみる

会社員なら絶対やってほしいのが「ふるさと納税」。メリットしかないので絶対やったほうがいいです。

詳しい説明は省きますが、寄付した分が住民税から減額されて、実質2000円しか負担せずにいろんな返礼品がもらえるというものです。(寄付金額には限度があります)

貰えるものは調べきれないほどありますが、とりあえずお米を貰っておけば日持ちもするし間違いないです。

とりあえずはサイトを見て調べてみましょう。

格安SIMに変える

ドコモ、au、ソフトバンクでスマホを契約している人は早く格安SIMに変更することをおすすめします。

解約は違約金が気になるという人もいるでしょうが、月の支払額が2000円下がれば年間で2万4000円の節約です。違約金払ったほうが得になることもあります。

通信が遅くなるんじゃないかと心配する人もいますが、昼休みのようなみんなが一斉に使うとき以外はそんなに気になりません。エリアも都内ならまず問題ないです。

家電量販店に行けばワイモバイルやUQモバイルなど、色んな格安スマホがあるので、相談してみるといいかもしれません。

格安SIMについて

※当サイトでは格安SIM、格安スマホ、MVNOと呼ばれるものをまとめて格安SIMと呼んでいます。

メルカリで買う

個人での取引はトラブルが怖くて使ってないという人も多いですが、メルカリはすごく便利な上に比較的安心に取引できます

良いところ

① 名前・住所を教えなくても送ってもらえる

知らない個人に名前や住所などの個人情報を渡すことには抵抗がありますが、メルカリでは「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」という配送方法のものなら匿名で商品を受け取れます

相手には自分の名前も住所も連絡先も一切伝わらないので、安心して取引できます。

② 支払いはメルカリの会社を通す

メルカリでの金銭のやり取りは全てメルカリの会社を通して行います。なのでお金を支払ったけど商品が届かないという場合は、事務局に言ってお金を返してもらうこともできます。

お金のやり取りはトラブルになりやすいので、会社が間に入ってくれるというのはすごく助かります。

③ 評価を見られる

メルカリではアカウントに過去の取引者から付けられた評価やコメントを見ることができます。購入する前に、その人がきちんと対応してくれる人なのか評価を確認することをおすすめします。

宝くじを買わない

宝くじを買ってもまず当たらないと思ったほうがいいです。

買い続けても元が取れる可能性はものすごく低いので、いっそ株や投資信託を買った方がよほどましです。

期待せずにただの楽しみとして買うのはいいかもしれませんが、家計の足しになる可能性は恐ろしく低いです。

まとめ

以上、お金を賢く使う方法の初級編その1でした。

すぐに大きな効果があるものではないですが、積み重なれば大きな金額になります。どれも簡単にできるものなので、まだやっていないことがある人はぜひやってみてください。

保存保存

保存保存